スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の花が咲きました

2013.04.16.17:57

今日は春らしい気持ち良く晴れた日になりました。
でも、明日の予報は雨&みぞれ。。。まだ降るのか雪。。。ガーン

ということで、外の用事は、今日中に済ませることにして、
昼過ぎに買い物に出かけました。

ついでに、散歩も兼ねて、「何か花が咲いてないかな~?」と探してみたら、
ご近所の庭先に、クロッカスが・・・ニコニコ音譜

今年最初に見た、屋外で咲いていた花です。
$パート主婦クラスターのハッピー家族への道 ~ときどき殿様~

$パート主婦クラスターのハッピー家族への道 ~ときどき殿様~

春先に、外で咲いている花を見つけると、
やっと本当に春が来た感じがして、ホッとするし、うれしいですね。

北海道の長くて厳しい冬を乗り越えて、強く、きれいに咲いてくれた花たち
。。。花は何も言わないけれど、いつも大切なことに気づかされる気がします。

私も見習って、がんばらなくちゃグッド!


スポンサーサイト

うちの娘の大いなる力(笑)

2013.04.12.14:09

月曜日から、新学年&新クラスでの新学期が始まりました。

3月を最後に転校していった同級生がいる一方で、
4月から転入してきた子もいるそうです。

今週は、そんな新メーンバーを加えた、新しいクラスの
委員や係など、クラスの役割決めが続いたようです。

昨日は、クラスの係決めがあり、
全員が必ず1つは係をするのが決まりなのですが、
やはり、仲良し同士で同じ係になりたがる子が多いみたいですね。

そんな中で、転校生の男の子1人だけの係があったから、
いつも遊んでる子を誘って、3人で係をやることにしたそうです。
けっこういいとこあるな~と見直しましたニコニコ

そういえば、誘った子も1年生か2年生くらいのころに、
娘のクラスに転校してきたんでしたっけ・・・。

赤ちゃんのころから人見知りとは無縁の子でしたが、
新しいお友達をすんなりと受け入れてあげられるところは、
親の私から見ても「すごいな~」と感心しますラブラブ

仲良くなって、楽しい学校生活を送ってほしいですね。


゚☆.。.:*・゚在宅ビジネスで笑顔満開家族に"。.:*・゚☆.。

新しい仲間と

2013.04.10.11:26

先日から娘の小学校でも新学期が始まりました。

去年まで2年間一緒だったクラスメートたちとバラバラになって、
新しいクラスメートとの学校生活が始まりました。

今回のクラス替えは、小学校最後のクラス替えなので、
今度のクラスメートたちとは、卒業まで一緒です。

仲良しだった子のうち、何人かは別のクラスになってしまったそうですが、
放課後は相変わらず一緒に遊んでいるようです。
といっても、女の子より男の子の友達が多いみたいですが・・・あせる

小学校高学年の女の子となると、仲良しグループみたいなのができて、
そのせいで、つきあいが難しいこともあるかもしれません。

でもどうか、ピンチをチャンスに変えて、強くなるための成長の糧にしてほしいですね。

小さい時からあまり人見知りしなくて、わりとどんな相手でも受け入れる子でしたが、
時には傷つくこともあるかもしれません。

それでも「ダチになろうぜ!!」の精神で、明るく乗り越えてほしいと願っています。





夫の誕生日

2013.04.07.10:38

一昨日は夫の誕生日でした。
といっても、誕生日がうれしい年齢でもなく、本人も娘に言われるまで忘れてたみたいですが。

夕食に焼肉&ケーキを食べて、ささやかですが家族でお祝いしました。

出会って約20年、結婚してから約15年、娘は今月から小学校5年生になりました。

なんの不満も、波乱もなかったといえば嘘になります。

ただ、かなり不器用ながらも、彼は彼なりに家族のために一生懸命がんばっている
・・・それだけは間違いなく事実。

そして、何よりも、娘を授けてくれたことに本当に感謝です。


今度は私ががんばって、楽な暮らしをさせてあげたいと思っています。

自分たちの家を建てて、
趣味のプラモデルやフィギュアを思う存分いじれる部屋を作ってあげるからね~ニコニコ




殿語録 ~覚悟で決めろ~

2013.04.01.23:21

最初に言っておくぞ。
この先へ進めば後戻りする道はない。

外道衆を倒すか、負けて死ぬかだ。
それでも戦うってヤツにだけ、これを渡す。
ただし、家臣とか忠義とか、そんなことで選ぶなよ。
覚悟で決めろ。
     志葉丈瑠 / シンケンレッド (侍戦隊シンケンジャー第1話より)~

私にとって、リーダー像のお手本の1人(笑)、
“殿”こと、シンケンレッド/志葉丈瑠が、
仲間の戦士たちとの初対面のときに彼らに告げたセリフです。

彼と仲間たちには、“殿”と“家臣”という、上下関係がありますが、
たとえそうであっても、彼は、
「やるからには、義務としてではなく、自分の意思で決断する」
ということを彼らに求めました。

一旦、戦いに身を投じたら、
最後の大ボスを倒すまで戦い続けるか、命を落とすかのどちらか
・・・その覚悟がなければ、戦士になどなるべきじゃない。


ときに厳しい言葉を言うこともある彼ですが、
すべては、「家臣たちの命を預かっている」という
“主君=リーダー”としての強い責任感から。

まあ、現実の日常生活では、
『命を落とすかどうか』というほどのことは、滅多にないですが。。。(⌒-⌒; )

でも、
「目標までやり抜く覚悟がないなら、最初からやるべきじゃない」

ということは、よくありますね。








            

プロフィール

クラスター

Author:クラスター
小学生の娘と工場勤務の夫との3人暮らし。
コンビニスイーツを作る工場で深夜のパートのかたわら、普通の生活サイクルに戻る&マイホームを目標に自宅でネットワークビジネスに奮闘中です。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。